脇愛々 DIARY
ディズニー映画やパークの感想など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

一家でエルボー


本日のベストショット。


26日に、一家総出でディズニーシーへ行ってきました。
家族揃ってTDRって何年振りだろ。小さい頃はよくみんなでランドとか行ってたものですけどねー。
まずは軽くジャブとして、マーメイドラグーン・シアターへ。私以外の面々は未見だったので、一度は観ておいても良かろう、ということで。
で、待ちました。結構待ちました。システム調整で全員追い出されました。_| ̄|○
それ自体はまぁしょうがないんだけど、もう少しマメなアナウンスが欲しかったなぁ…。
復旧しそうなのか、駄目そうなのか。もうすぐなのか、まだまだかかるのか。そこら辺が分からないまま待つのは結構苦痛です。
アトラク優先権貰ったから別にいいけど。

そのままリズムへ並ぶ時間になったのでアメフロへ。今日一番の目的です。
これはね、ほんと一度は家族に体感して欲しかったのです。
前にビデオで見せたことはあるけど、あの迫力と熱気は映像じゃあ半分も伝わりませんから。
今年でファイナルと言うことですが、やっぱりちょっと寂しいですね。
私は基本的にゲスト参加系のショーより、じっくりと鑑賞するタイプのショーの方が好きなのですが、これだけは例外でした。
文字通り縦横無尽に駆けめぐる疾走感と、キャラクターが、ダンサーが、ミュージシャンが、ゲストが、そして世界のリズムが一体となるあの異様な熱気に、毎度アドレナリンを放出していました。
派手な特殊効果や、豪華なセットを使わずとも、こんなに良いショーが出来るんだな、としみじみ思います。
いつまでも再演を重ねて飽きられてしまうのは一ファンとしても嫌なので、これでキッパリと伝説になってくれれば。
あ、でもテーマソングはやっぱり「NYシティビート」の方が高揚感があって好きだったなぁ。それだけが心残り。
グーフィー酋長のぬいバが遂に最後まで発売されなかったのはもっと心残り。
ちなみに家族もなかなか満足していたようです。

その後ポルトをリドアイルにて鑑賞。
やっぱり音楽と衣装が好きだなぁ。DVD買おうかな。エテールノ見に行こうかな。(公式のトップの切なさにやられたクチ)

で、FPを取っておいたレイジング・スピリッツへ。
実は私、360°回転コースターは初めて。
心の準備も整い、安全バーも下ろし、ワクワクしながらいざ発進の時を待っていたらば、まただよ。
なにこれ。なんの神が降臨中?誰の普段の行いが悪いの?
まったくもう、みんなのテンションを下げる魔法の言葉だね☆「安全装置が作動した為一時休止」ってさ!
・゚・(ノД`)・゚・。
幸い、五分程度で復旧したので良かったですけど。
あ、初レイジはとてもスケールが小さくてあっけなかったです。(´・ω・`)

ほんでストーム乗って、カレー食べて、ミスティック見て、リズム夜の回組(私)とブラヴィ組(その他)に別れて一旦解散。
夜のリズムは初めて見たけど、全然雰囲気が違いますね。艶やかというか。
立ち見最後列という圧倒的に不利な場所からも、一応果敢に写真撮影に挑んでみましたが、








この辺で、そっと微笑んでカメラをしまいました。
記録より記憶っていうものね。最後なんだからこの身で体感しなきゃっ。…うん。

リズム後、人の頭越しにブラヴィを見て、相変わらず躁病のようなミキに笑い、家族と合流し、ザンビーニなんとかレストランへ。
ガイド本に載っていたビーフシチューが美味しそうで、昼間からそれはそれは楽しみにしていたのですが、メニューに無いでやんの。
4年前のガイド本は参考にしてはいけないなぁ、と学びましたとさ。
そんな一日。
かなり混んでたけど見たかったものは一通り押さえたし、家族も楽しんでたようだし、良かった良かった。
スポンサーサイト
【2006/03/29 01:35】 | TDR
次へ

プロフィール

吉

Author:吉
ディズニーファンサイト「脇愛々」の管理人。
冷静と情熱が適度に混じったヲタです。基本懐古厨。
ミッキーからマニアックな脇役まで割と幅広くカバーしてます。

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム









最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。