脇愛々 DIARY
ディズニー映画やパークの感想など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

今更感想シリーズ6「ディズニー・オン・クラシック~まほうの夜の音楽会2008~」

ディズニーのパークと映画は好きだけど、この手の関連興行は行ったことがありませんでしたが、パークミュージック特集というテーマと、自宅から自転車で15分の距離のホールで開催されるさいうお手軽さに惹かれて、初めてチケットを買ってみました。

一応ディズニーとは言え、有名なオーケストラのコンサートだし、お行儀良くして聴くお堅い雰囲気なのかと思っていましたが、実際行ってみると予想以上に親しみやすかったです。
かといって、曲に合わせて大声で歌い出す子供みたいな、お家気分で鑑賞している人もいなさそうでしたし。適度にリラックスした良い雰囲気。
演目も全てお馴染みの曲だし、とても楽しめました。
聞き応えのある演奏や歌はもちろんのこと、スクリーンや照明の使い方も効果的で、耳だけではなく目の方も飽きさせません。
以下、印象に残った曲の感想。

【第1部】
・オープニングは「ドリーム・ゴーズ・オン」(TDR25thテーマ)。この曲は英語版のアレンジだとやっぱり名曲。華やかさの中にちょっとだけ哀愁も混じってる様で、好きです。ちなみに日本語版はなんか平凡。
・「エレクトリカルパレード」はすっごく良かった!個人的に、今回の公演でのNo.1です。本来電子音で奏でられているエレパレの、オーケストラアレンジということ自体まず新鮮。オリジナルの再現度の高さと、意外性のバランスがとても良かったです。この曲だけでももう一回聴きたいなぁ。CD化が待たれます。ライティングも色とりどりで綺麗でした。
・「パークミュージックメドレー」は、パークファンのツボを心得たラインナップで堪らない。カリブの海賊やホーンテッドマンション、 イッツ・ア・スモールワールドに混じって、カントリーベア・シアターの曲が混じっているのも、カンベア好きには嬉しいポイント。
こうなったらいっそミート・ザ・ワールドも…!と思いましたが、マイナー云々の前に、そもそも現存していないアトラクの曲はムリですね。
それにしても、こうして聴いてみると、ランドと比べてシーには誰でも知っているような印象的なパークミュージックが皆無に近いんですね。
「ヨーホー」とか「魅惑のチキルーム」はマニアじゃなくとも口ずさめる人は多いと思いますが、「ポートディスカバリーのテーマ」とか「タワーオブテラーのテーマ」とかがピンと来る人は少ないのではないでしょうか。
パークミュージック特集自体は、是非またやってほしいです。今度は、有名な過去イベントの曲とかどうでしょう。「NYシティビート」や「ディズニーカーニバル」が流れたら死ねる自信があるね。
・「ブラヴィッシーモ!」のノーカット演奏は圧巻。でも、正直長すぎて飽きました。元々、視覚的な特殊効果があってナンボのショーなので、音だけだとどうしても物足りなくなってしまいます。普通にダイジェストで良かったんじゃないかなぁ。
ベリッシー(水の精)の透き通るような歌声はとても綺麗でした。
プロメテオ(火の精)と出会ってから、一緒に歌う場面がやけに短く感じたのですが、オリジナルもあんなもんだったっけ?恋に落ちた感がちょっと伝わり難かったです。

【第2部】
・本日のもう一つのお目当てはアラン・メンケン特集。「リトルマーメイド」から「魔法にかけられて」まで新旧たっぷり聴かせて貰いましたが、改めて言うまでもなくほんと神曲揃い。どの曲も主役を張れる存在感です。
昨今のディズニー映画からは、こういう印象的な曲はもう生まれないのだろうか。
ただ「魔法にかけられて」の曲は、最近のディズニーソングの中では群を抜いて素晴らしいと思います。正統派過ぎるほど正統派な感じが心地良い。やはりディズニーの歌はこうでなくては。
・メンケン特集の中に「美女と野獣」が含まれておらず、「ビー・アワー・ゲスト」をやらないわけがない!と思っていたら、カーテンコールでキター。歌と演奏だけなのに、映画のあのシーン並に華やかで、盛り上がりました。ショーでも見ているみたいだったな。

所要時間は休憩含めて2時間半以上はあったかな。多少のダレ(演奏者ではなく私側のね)は覚悟していたのですが、最後まで集中力がキレることなく楽しませて貰いました。なんとも豊かな時間だったなぁ。
というかほんと予想以上に惹き込まれてしまい、休憩に入ったと同時に一緒に来た妹と「これは相当面白くないか…!?」と軽く興奮してしまいました。
演目や開催場所にも寄るけれど、出来れば次回も見に行きたいと思います。
スポンサーサイト
【2009/01/05 21:42】 | その他
次へ

プロフィール

吉

Author:吉
ディズニーファンサイト「脇愛々」の管理人。
冷静と情熱が適度に混じったヲタです。基本懐古厨。
ミッキーからマニアックな脇役まで割と幅広くカバーしてます。

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム









最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。