脇愛々 DIARY
ディズニー映画やパークの感想など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

レミーのおいしいレストラン

一年以上前に映画館で観た「ウォーリー」と、同時期にレンタルで見た「レミーのおいしいレストラン」の感想メモが、机の引き出しの奥から出てきたので、せっかくだから書いておきます。
まずはレミーから。


「レミーのおいしいレストラン」

・この作品に込められたメッセージがアレなので、辛口意見を言うことに対して若干気が引けるのですが、でも言います。(ていうかあのメッセージは、作品への批判意見も暗に封じてるみたいでちょっと狡いんだぜ)
・これ本当にピクサー作品?ディズニー純正じゃなくて?にわかには信じられないくらい面白くありませんでした。個人的にピクサー作品の中では「Mr.インクレディブル」があまり好みじゃなかったのですが、レミーはそれを遙かに下回ります。
・特に脚本がひどい。開始から20分くらい経っても一向に引き込まれる気配が無いので心配になったのですが、まさかそのまま終わってしまうとは。展開がいろいろ盛り込みすぎ。というか雑。
・登場キャラクター全員に魅力を感じず。ダメダメ君とネズミがタッグを組もうがなにしようがもはや興味が持てないし、カタルシスもありませんでした。
・リングイニが、髪の毛を引っ張られる強さや方向の加減でレミーの指図を察するのではなく、操り人形のように意思に反して勝手に動き回るという設定が、ご都合主義過ぎて白けます。
・レミーに操縦されて挙動不審になるリングイニが、コミカルというより痛い人。
・女シェフのコレットは厳しかったり、優しかったり、突然キレたりと、気分屋通り越して情緒不安定っぽい…。
・料理長は小さいジャファー。
・孫設定、あんまり活きていないような。
・「ネズミが料理」という絵面には抵抗感は特にありませんでした。ただ終盤、キッチンに大集合する様はさすがにちょっと…。
・吹き替え版で見たのですが、佐藤隆太が予想外に棒。
・でも、一般的には普通に高評価なんですよね。映画等に関しての私の感想は、基本的に大衆とそんなにズレがない方なんですが。なんでまぁ、こんな極端に違いが出たんでしょ。見返してみたらまた印象が変わるのかしら。しかし、正直もう一度見ようという気は全く湧きません。
スポンサーサイト
【2010/01/28 05:38】 | 映画・アニメ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
次へ

プロフィール

吉

Author:吉
ディズニーファンサイト「脇愛々」の管理人。
冷静と情熱が適度に混じったヲタです。基本懐古厨。
ミッキーからマニアックな脇役まで割と幅広くカバーしてます。

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム









最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。