脇愛々 DIARY
ディズニー映画やパークの感想など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

特集「3.11 ディズニーの真実」

昨日の「Mr.サンデー」を見ました。
3.11の時のTDRの対応と危機管理を、実際にゲストが撮影していた映像や写真を交えて特集していたのですが、いやぁ…良かった!
スピーカーが折れたり、キャラクターがゲストを落ち着かせたりしている様子を写した動画は、YouTubeなんかでいくつか見ていたし、キャストの対応が素晴らしかったという体験談もちらほらと小耳に挟んではいましたが、そうした断片的な情報をドキュメンタリーとしてまとめた今回の特集は、園内に張り詰める不安や緊張感と、パーク側の対応の的確さの両方がありありと伝わりました。

特に、支給されたゴミ袋や段ボール、ビニール手袋などで防寒したたくさんのゲスト達が、屋外に座り込んでいる写真が、いつもの明るく楽しいパークの光景からあまりにかけ離れていて、ちょっとショッキングだったのですが、逆に言えば、夢とか魔法とかの綺麗なイメージなどなりふり構わない、ゲストの安全第一な対応だったわけで。
すごく印象的な一枚でした。
裏道を通してゲストをランドからシーに移動させた、というエピソードも同様。

番組内でも言及していましたが、組織としての対応の早さと危機管理の万全さ、キャスト個人の臨機応変さの両方が兼ね備えられていて、圧倒的な頼もしさ、心強さでした。

ディズニーパークには「SCSE」という理念があり、「SCSE」はSafety(安全)、Courtesy(礼儀正しさ)、Show(ショー)、Efficiency(効率)のそれぞれの頭文字を取っています。
この並びの順に優先度が高いとされているのですが、今回の件で初めてそれをまざまざと実感させられた気がしました。
安全、礼儀正しさ、ショー、効率…。まさにその通りに行動していましたね。

正直、震災から二ヶ月も経った今になっての、このどえらい持ち上げに、宣伝のニオイがしないわけでもなかったですが、それを踏まえてもやっぱり素晴らしい対応だったことに変わりはないので。
これはTDRの株が相当上がったのではないでしょうか。
美談の一言で片付けるには勿体ない、とても感銘を受けた特集でした。
スポンサーサイト
【2011/05/09 20:38】 | TDR | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
次へ

プロフィール

吉

Author:吉
ディズニーファンサイト「脇愛々」の管理人。
冷静と情熱が適度に混じったヲタです。基本懐古厨。
ミッキーからマニアックな脇役まで割と幅広くカバーしてます。

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム









最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。