脇愛々 DIARY
ディズニー映画やパークの感想など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

TDS「スケルトンのストリートパーティー」感想

141020-1.jpg


スペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」より、東京ディズニーシーで行われているパフォーマンス「スケルトンのストリートパーティー」の感想。

去年も行われていたスケルトンのグリーティングやアトモスフィアショーですが、今年は大幅に規模が拡大して、アメリカン・ウォーターフロント、ロストリバーデルタ、メディテレーニアン・ハーバーの三ヶ所に出没。
そして喋る!今年はベラベラと骨が喋る!!誰もが衝撃を受けました。
その言動もやたらとフリーダムで型破り。
純粋なディズニーキャラクターにはない妙な魅力に取り付かれた人も多いかと思います。
かくいう私も、去年まではスケルトンには全く思い入れがなかったのですが、今年になってすっかり骨沼にハマってしまいました。

140913-4.jpg

ハロウィンが始まって一番最初に遭遇したスケルトンがこのファミリー。
ガイドツアーでパーク内のあちこちを回っています。
なんというか、テンションがすっごい普通で笑えるw
キャラキャラしくないというか、全然ファンタジーじゃないというか。
見た目以外はただの3世代ディズニーを楽しんでいる一般のご家族そのままで、そのギャップが面白すぎます。

140913-3.jpg

時々「テーブル・イズ・ウェイティング」を観賞したりしているらしいですね。普通に。
もはやグリでもアトモスでも何でもないw

140917-13.jpg

去年から続投のヴァイオリニストのベンジャミン。
格好いいよう。楽器を弾くキャラ格好いいよう。
エルサの仮装をしている子供に「雪だるまつくろう」を弾いてあげたり、プーさんのぬいぐるみを持っている人に「ウィニー・ザ・プー」を弾いてあげたりして、即興パフォーマンスがとても粋でした。

140917-12.jpg

いろいろバーンと飛び出しているヴィクトリアと一緒に。
いいなぁ、絵になる二人だなぁ。

アメフロは他にもいろいろなスケルトンが出没しているのですが、なかでも絵描きのラファエロが大好きで!
何とも味のあるタッチでゲストの似顔絵や風景などを描き、プレゼントしてくれます。
実はまだ直接見かけたことがないんですよね…。
他の骨にはよく遭遇するのに。
最近はラファエロなんて空想上の生き物なんじゃないかと思い始めてきました。
このまま、動画を見て可愛さに悶えているだけで終わってしまうのだろうか…。


ちなみに私はこのプップコ動画を見て完落ちしました。愛おしい…(*´д`)
あとTwitterwで見かけた「つろす(チュロス)」の絵もツボったw


私が一番グリしていて楽しいのは、ユカタン・ベースキャンプ・グリルに出没している、墓守のオーデヒと墓荒らしのハギートのコンビ。
ハロウィンが始まってから5回くらい行ったかな。
私にしてはかなり飛ばしているペースです。

141007-1.jpg

特にオーデヒが好き。
長身で物々しい風体なのに、喋るとアホの子みたいになるところが堪らんです。
すぐ「ツカレタ」とか言って座っちゃうし。
いつも追いかけているハギートにはおちょくられていて、まるでトムとジェリーみたい。
だいたい墓荒らしを追うのに「マッテ、マッテ。」って呼びかけがおかしいw
そのくせ、ゲストに対しては時々しれっと毒吐いたりもするのな。良いキャラしてる。

先日ぼっちで行ったら、向かいの椅子に座ってくれて「一人?オーデヒモ一人」と言われました。
これはフラグ!?と思い、「じゃあ一緒にご飯食べてく…!?」と前のめりで誘ってみたのですが、さらっとスルーされたw
去り際にちゃんと椅子を戻して、「アリガトウ、オ邪魔シマシタ」って頭下げてく礼儀正しさがほんと可愛い。

141007-2.jpg

オーデヒから逃げ回りつつお宝を探しているハギート。
サインを書くときにいつも、オリジナルの「お名前の歌」を甲高い声で歌っているのがやかましいけど可愛いw
でも、可愛いというと怒るんですよね。「可愛い」ではなく「格好いい」が正解らしいです。
こう見えて、決めポーズとかは確かにワイルドで格好いい!

ユカタンのグリは、シェフミッキーのようなキャラクターダイニングとは違って確実に全てのテーブルを回るというものではないので、混雑状況や席の位置、運などで全く絡めないまま終わってしまうこともままありますね。
なるべくたくさんのゲストの元へ行けるように、オデハギの二人もなるべく巻きでやってたりするのですが、その結果「急イデ」とか「早ク」の連発で露骨に急かされている雰囲気になりがちなのはちょっと残念。
キャラダイみたいに出ずっぱりというわけにはいかないかな、やっぱり。

あと、スケルトンのあの独特の声は慣れてくると何言ってるかだいぶ聞き取れますが、始めはよく「ん?」となってしまいました。
ワンデーさんとか、話しかけられてもキョトンとしている人が時々いますね。
もうちょっと聞き取りやすく改良されるといいんだけど。


あとは工事中のハーバーの環境を逆手にとった、工事組スケルトンのアトモスも開催中。
なかなかタイミングが合わず、一度だけ終わりの方をチラッと見れただけですが格好良さ気でした。

来年のシーのハロウィンはヴィランズがテーマということで、スケルトン達とは今年でお別れなのか、それとも何らかの形で続投するのか、気になって仕方がありません。
せっかく今年は人気に火が付いたんだし、これで終わらせるにはあまりに勿体ない気がするのですが。
特に喋る系のスケルトンに関しては、あんなお金がかかってそうな装備を作っておいて、一年ぽっきりでポイというのは考えにくい気がします。
メインショーには出ないにしても、アトモスやグリだけでも残してくれると嬉しいんだけどな。
【2014/10/27 01:51】 | TDR | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
<<TDL「ハッピー・ハロウィーン・ハーベスト」感想 | home | TDS「ウェルカム・スケルトン・フレンズ」感想>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

吉

Author:吉
ディズニーファンサイト「脇愛々」の管理人。
冷静と情熱が適度に混じったヲタです。基本懐古厨。
ミッキーからマニアックな脇役まで割と幅広くカバーしてます。

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム









最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。