脇愛々 DIARY
ディズニー映画やパークの感想など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

TDL「ハッピーハロウィーン・アミーゴス!」感想

140927-4.jpg


スペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」より、東京ディズニーランドのラッキーナゲット・ステージで行われたアトモスフィアショー「ハッピーハロウィーン・アミーゴス!」の感想。

140927-3.jpg

長年まともに使われることなく死蔵されていたラッキーナゲット・ステージで、久しぶりにバンドによるアトモスショーが行われると聞いたときは「遂にあの持ち腐れステージが有効活用される時が来たか!」とちょっと嬉しく思っていました。
ところがどっこい。いざ蓋を開けてみるとまさかのホセパンが主役!!
なにそれ聞いてないよ!
爽涼鼓舞(再演)とか、TDS12周年のグッズとか、最近地味にプッシュされてるなぁとは思っていたけど、今年の陸ハロはメインアートにも大きく描かれ、イベント衣装のぬいぐるみバッジも発売され、更にはアトモス主演まで…!
なんという上り調子。
本格的にホセパンの時代が来てるんじゃない?!
ゆくゆくはマックスやクラリスの様な「準ビッグキャラ」的地位を確立しそうな予感。

140927-6.jpg

ショー内容は、ウェスタンやハロウィンの曲に乗せてホセパンが陽気に踊ったり、ゲストをステージに上げてみんなでリズムを合わせたり。
この素朴さ、どうしようもなく懐かしい…!
古き良き東京ディズニーランドって感じ。
個人的にラキナゲステージと言えばステージ上でのゲスト参加というイメージが強かったので、昔のショーの復刻版みたいでなんだか嬉しかったです。

140927-5.jpg

ミッキーのような超人気どころのキャラが出ていないから、客席ものどかで平和な雰囲気。
私がホセパン好きなことを差し引いても、いいよ!このアトモス!
絶対このステージは活用していった方が良いって!
もともとアメリカ川のほとりという風情のある立地のレストランですが、ちょっとしたショーを上演してくれるだけで更にウエスタンのムードが高まってすごく楽しかったです。
「キッキン・カントリー」や「ゴールドタウン・フォリーズ」のようなちゃんとしたショーは、キャパ的に現実的ではないけど、バンドメインのアトモスなら充分できると思うんだけどなぁ。
ハロウィン期間だけで終わらせてしまうにはあまりにも勿体ないです。

【2014/11/02 00:07】 | TDR | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
<<◆写真◆14/10/20の「ニューヨーク・ハロウィーン・フォリーズ」 | home | TDL「ハッピー・ハロウィーン・ハーベスト」感想>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

吉

Author:吉
ディズニーファンサイト「脇愛々」の管理人。
冷静と情熱が適度に混じったヲタです。基本懐古厨。
ミッキーからマニアックな脇役まで割と幅広くカバーしてます。

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム









最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。